movie

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」と苗の植え付け

奥さまの弁当を作り、朝飯を済ませたら、ストレッチもそこそこに、自転車に乗ってTジョイ久留米。昨年からの情報の復習や補完をしていた「エヴァンゲリオン」にケリをつけるため「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を観た。 なるほど、映像だけでも面白いのに…

急遽実家へ、そして、映画「ザ・ライダー」のこと

原稿のプレゼン用の資料を整理して担当さんに送信。たぶん、返事がっ帰ってくるまで時間がかかるだろうからと、実家に電話して母の在宅を確認。西鉄の急行(ダイヤが変わって平日の昼の特急がなくなった)に乗って大牟田へ。 届け物をしたり、買い物を手伝っ…

しがみつくことと、捨てることと、愛すること、ドラマ「俺の家の話」と映画「ノマドランド」について、

奥さまが休みの日にしては早起きして、朝飯と洗濯を済ませたら、自転車に乗ってTジョイ久留米へ。フランシス・マクドーマンさん主演の映画『ノマドランド』(原題:Nomadland)を朝イチの回で観る。 企業の破たんと共に、長年住み慣れた住居も失った主人公…

5か月ぶりの映画のお出かけとアクシデントとヘンテコ映画「ビバリウム」と、

奥さまと西鉄に乗って映画「ビバリウム」(原題:Vivarium、動植物飼養場の意)を観に行く。天神方面で映画を観るのは昨年10月の「異端の鳥」以来。福岡市内でCOVID-19の感染者が増えたりで、出かけるのを控えていましたからね。その間、ずいぶんと観るのを諦…

粛々と作業を進めることと、映画「スティーラーズ」について、

原稿を1本分書き上げつつ、次の原稿のプレゼン用データを整理。担当さんに揃えて送信したら、サッポロの缶酎ハイの新製品でお疲れ酒。レモンの酸味がしっかりしてるけど、甘味が強すぎる。 いまのとこ、缶酎ハイで1番のお気に入りなのは、トップバリュの「…

酔うほどに感じる孤立感と、映画「ブックスマート」について、

角打ちで飲んでも、立ち飲み屋で飲んでも、下北沢の酒場で体験してたような、偶然の意気投合はない。地元を離れて上京した結果だったのか、だから上京したのか、「鶏が先か、卵が先か」みたいな因果性のジレンマだけど、まぁ、どっちもなんだろう。 何度もこ…

ポーランドにおける罪と贖罪と赦しとは、映画「聖なる犯罪者」を観た

福岡ならミニシアターで上映するだろうし、そうなると西鉄で天神に出ないといけないし、緊急事態宣言が出ているから無理だろうと諦めていた。すると、地元のシネコンでも遅れて上映が始まると知り、奥さまを自転車に乗って観に行った。 ポーランドを舞台しに…

帳尻を合わせるように働くことと、映画『透明人間』について、

今月中に公開される分の記事の数を増やすため、朝からヒーコラと原稿書き。目標は3本分だったけど、最後のネタが薄くて、担当さんに連絡したら没にすることに。結局、2本分を書き上げて送信した。 晩飯後、奥さまとAmazonPrimeで週末100円レンタルした、昨年…

チープさを追求する姿勢に感動を覚えた映画『ゾンビーバー』

昼前、奥さまと石橋文化センターへ散歩。春を通り越したような暖かな気候で、梅は既に盛りを超えていて、園内を歩いていると汗ばんでしまうほど。三寒四温どころか一寒四温くらいの勢いで気候が春めいてきていて、気の早いピクニックができそうだった。 原稿…

引きこもり作業と「コブラ会3」の予習の「ベスト・キッド2」

久しぶりに外干しだけで洗濯物が乾いた。寒さが和らいだのと、程よい風が吹いていたおかげだろう。 “だろう”っていうのは、原稿を書き上げ、テレビの大相撲中継を見始めたら、その結果、我が家から一歩も出ていなかったから。 原稿の難易度からすれば、それ…

緊急事態宣言とモラトリアムファンタジー映画「メランコリック」と、

昨日書いた原稿を仕上げて担当さんに送信し、次の原稿を書こうとしたら、ネタがネット上から来ていた。どんなに深く掘っても見つからず、ペンディングすることに。 代わりに次の原稿の準備を少しやって、AmazonPrimeの100円レンタル期間がもうすぐ切れる映画…

仕事始めとアニメ映画「天気の子」と、

本日より平常業務。原稿を1本分書き上げて担当さんに送信。合間にドラッグストアに行って、柔軟剤とおしゃれ着洗用の洗剤などを購入。ついでに図書館まで足を伸ばし、昨年、予約しといたブレイディみかこさんの単行本を受け取りに行く。 久しぶりの原稿書き…

今年観た映画2020

昨年より20本くらい減っている。劇場に行けなかったってのもあるけど、代わりに配信のドラマを観ていたってのもある。来年は配信のドラマも観たやつはリストにしとこう。映画的なニュースは、天神に「キノシネマ天神」が出来て、ミニシアター系の映画を観ら…

強さが内包する弱さと、弱さが内包する強さ、映画『ワンダーウーマン1984』を観た

ちょいと早めに起床して、洗濯を1回分やっつけたら、自転車に乗ってTジョイ久留米へ。COVID-19の影響で上映が延期されていて、ようやく今週の金曜日に公開された、ガル・ガドットさん主演の映画『ワンダーウーマン1984』を観に行く。 主演に並び監督も前回に…

劇場で観たほうが愉しめたっぽいけど、配信で観るので十分だった

作業は平常運転に戻り、ちょいと気が緩みつつも、原稿を1本分を仕上げて送信し、次の原稿の素材チェック。その合間、担当さんが28日まで原稿を受け付けてくれるというので、それまでの作業スケジュールの調整してみる。 晩飯後、Netflixのラインナップを掘っ…

お歳暮と概念と映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」

原稿を1本分仕上げて担当さんに送信し、次の原稿の素材チェック。その合間、自転車でゆめタウンに行き、奥さまの実家にお歳暮の明太子を送る手続き。 ネット注文でも良かったのだけど、どうにも気になるところがあったので、店舗でサンプルを確認してから注…

鯵のなめろうとゾンビ映画

雲ひとつないカリッとした秋晴れが続いている。そのせいか、北向きで湿気が安定している我が家でも、湿度が50%台前半になることも。エアコンで暖を取る時は、加湿器を使わないと、ちょいと喉が心配になる。 原稿書きの合間、奥さまと散歩ついでに諏訪野町の…

明日の為に引きこもって働く、そしてドイヒーな映画「続・ボラット」

明日は朝から母の大学病院通いの付き添いがあって、夕方は博多・天神落語まつりに行くので、原稿書きにあまり時間を避けそうにない。 そこで今日は外出を諦めて原稿書き。1本分を仕上げて担当さんに送信し、次の原稿のネタの整理と書き出し部分を少し。 奥…

WEBテクノロジーによる危険な予感、映画「監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影」のお話

原稿を1本分仕上げ、次の分の資料を整理したところで、脳みそと気力のエネルギー切れ。 あきらめてカレイの煮付けを作った。島根産のキツネカレイっていう、聞いたことない名前だったけど、身は柔らかく、脂が程よく乗っていて美味しかった。 晩飯後、とぎれ…

半年遅れで山の地味をいただく、そして、映画「タロウのバカ」

昨晩、5月に奥さまの福島の実家から送られてきていた干しワラビを急に思い出し、寝る前に25グラム分を沸騰直前のお湯に浸け置きした。 そして朝、ザルにあけて水を切り、昼過ぎまでに2回水に浸す。すっかり膨らんだら、3センチくらいに切って、ゴマ油で炒め…

壮大な英雄年代記の終わりと新しい始まりの予感、映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を観た

朝から原稿を書き続け、仕上がった頃には夕餉の支度をする時間。いや、合間に動画とか見ちゃったせいなんですけどね、いやはや…… その夕餉前、奥さまがAmazon Primeの100円レンタルに観たい映画が入ったというので、僕もチェックしてみたら、劇場公開の時に…

無謀な若者の何者かになりたいという欲望の危うさ、映画「アメリカン・アニマルズ」を観た

先週からスマホ用ゲームアプリ「テクテクライフ」を愉しんでいる。「テクテクテクテク」みたいに敵を倒すみたいなRPG的イベントはなくなり、ひたすら歩いて地図を塗る潰していく、潔さが好感触。 まあ、都内在住ならば、各区に公私で移動していたので、幅広…

名もなき普通の人たちの恐ろしさ、映画「異端の鳥」を観た

日曜日にしては早めに起きて、タオル類を洗濯して部屋干ししたら、奥さまと西鉄に乗って天神へ。kino cinema天神に映画「異端の鳥」(原題:Nabarvené ptáče / The Painted Bird)を観に行く。 第二次世界大戦中、ホロコーストを逃れてオバサンのもとに疎開…

衣替えと見逃していたアニメ映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝』

そろそろ半袖で出歩くには肌寒くなってきたので、長袖と衣替え。半袖シャツとポロシャツをたたみ、長袖のシャツや薄手のカーディガンなどを出す。あと、衣装ケースのTシャツの配列を下着モードの順番に変えた。 作業は原稿を1本分。サクッと終わると思ったら…

そういえば週末だった

奥さまがしばらく無職状態になり、普段から曜日感覚が薄いフリーランスなのに、ますます、今日が何曜日なのか分からなくなってきた。 唯一のヒントがラジオで、KBCラジオで見知らぬ声が聴こえてきたら、NHK-FMに変えてピーター・バラカンさんのラジオ番組を…

彼女が“そのにいる”世界を作り上げるということ、映画「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観た

仕事を終え、ファーストデー割引を利用してTジョイシネマで京都アニメーションの「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観に行く。あの忌まわしく悲惨な事件やCOVID19があり、封切りが遅れていたので待望の鑑賞となった。テレビ版は後追いで、Netfli…

長月の晦日、斬れない映画「斬、」を観る

9月が終わる。夏も終わったようだ。鼻腔の粘膜のヒリヒリ感が治まらないので、これは風邪のひきはじめではなくアレルギーの症状だと認定。夏の間に使っていた奥さまお手製のマスクから、花粉を通さない不織布のマスクに替える。 しっかし、いったい何の花粉…

時間の逆行というパラドックスに翻弄される愉しみ、映画「TENET」を観た

祝日だけど早起きして、奥さまと自転車でTジョイ久留米へ。朝イチの回でクリストファー・ノーラン監督の新作「TENET」を観た。 設定も映像も撮影技術も壮大で、「時間の逆行」という設定に何度か振り落とされそうになったけど、それも含めて面白かった。 そ…

優しさはそこにある、そして、韓国のゾンビ映画「#生きている」について

今日は母親の6週間に1度の大学病院通いの付き添い。朝8時に改札前で待ち合わせして、大学病院域のバスに乗る。 8時半に到着した時は空いていたけど、9時を過ぎた頃には、ディスタンシーのために1席ごとしか座れないこともあり、席を探してウロウロする人が増…

外食に対する拭えない恐れと、コーエン兄弟の映画「シリアスマン」で感じる胸騒ぎ

www.youtube.com 日曜日だし、久しぶりに奥さまと市役所近くの回転寿司店で昼飯。 しっかり感染防止対策してあるようだったけど、後ろをマスクをしていないオッサンが咳をしながら通ったり、子どもたちが縦横無尽に騒いでいたりで、以前のようにリラックスし…