限定的な条件でのブラックアウトの不思議

もう数か月になるだろうか、acerのノートPCが突然ブラックアウトするようになった。その条件とは(Win10)、ブラウザはOpera、サイトはFacebook、スクロールすると画面がブラックアウトし、酷いときはフリーズしてしまう。

ブラウザをChromeに変えると発生しないので、PC本体の不具合ではなく、Operaのバグっぽいのだが、どうだろう?「Win10 Opera Facebook ブラックアウト」で検索しても、合致する記事に当たらないので、珍しい事象なのだろうか?

不具合でないにしても、ブラックアウトやフリーズは気持ち悪いので、なんとか問題解決したいなぁ。考えられることとして、Operaの機能拡張で広告をシャットアウトしているのだけど、これが悪い方に作用しているのかもしれない。

曇天だと夕方までに洗濯物が乾かない気候になってきた

朝から曇天。福岡市内などは雨が降っていたらしいけど、久留米市内は昼過ぎに一瞬だけど晴れ間が見えていた。

それでも、11月中旬並という肌寒さのせいで、おしゃれ着洗いした洗濯物の中に、夕方になっても乾いていないものが。しょうがないので、部屋干しに移動させたら、寝る前には乾いていた。

これからは、晴天じゃないと厚手の洗濯物(特にパーカ類)はベランダ干しだけじゃ乾かなくなり、部屋干しをプラスしないといけない。石油ファンヒーターを使うようになったら、冷え込んだ曇天だったら、部屋干しのほうが乾きやすくなる。

衣替えをして、洗濯物の乾き方が気になってきたら、そろそろ
晩秋なんだけど、今シーズンは金木犀が咲いていないし、あまり秋を感じることができていない。

ちくわぶの心配

今日は20日に5%割引デーなので、諏訪野町のスーパーへ。おでん種の棚に今シーズンはちくわぶが2年ぶりに戻ってきて嬉しいんだけど、最近、1列が2列になっていて、売る気アップしているのが心配。

はたして、僕以外の人が買っているのだろうか。関西以西でおでんにちくわぶを入れる習慣はなく、関東から流れてきた人以外は欲しないと思う。

今年、入荷した途端に僕がまとめ買いしたのをきっかけに(あくまでの推測ですが)、店に並ぶ亮が倍増しているような気がするのだけど大丈夫だろうか?

一昨年は途中で油断して購入量が減り、(あくまでの推測ですが)昨年は1回も棚に並ぶことがなくて、一度もおでんを作ることはなかった。

あんな悲しい思いをしたくないので、(あくまでの推測ですが)だけでは支えきれないのでどうか久留米市の皆さん、ちくわぶを買ってください。

スギヨ) ちくわぶ 約170g

 

衣替え、の続き

昼間になても室温が20度ちょい過ぎくらいまでしかなく、今年の季節の移ろいは、秋をすっ飛ばして初冬になる勢い。おしゃれ着洗いしたポロシャツをたたみ、今シーズンの衣替えを進める。

外出するときはジャケットを羽織るようになり(下は半袖Tシャツだけど)、汗ばんでしまったときはリセッシュを吹きかけて対処。

さらに、シャワーを浴びたあと、部屋着を半袖TシャツからロンTに変え、あとは肌掛けのタオルケットを薄手の毛布に変えるタイミングだ。

遅ればせながら夏から秋への衣替え

天気予報通り、昨晩あたりから急に冷え込みはじめ、寝る時のステテコからジャージに変更。いつもは腹まわりに被せるだけのタオルケットも首から下にすっぽりとくるまった。

今朝も冷えていて、半袖Tシャツの上にワッフル生地の薄手のパーカを羽織ったり、靴下を履いたり。

その勢いで、半袖のシャツとポロシャツをたたみ、長袖シャツと入れ替え。まだ早いけど、ネルシャツも出しておいた。

あとは、半袖からロンTへの入れ替えだけど、パーカがあるので、しばらくは半袖のままでいいかな。でも、Tシャツの配列を外着使用から下着使用に入れ替えるのは、近いうちにやっつけないといけない。

砂の映画の話

本来は奥さまの仕事が休みで、8時過ぎまで寝ていることが多いのだけど、今日は彼女が好きなティモシー・シャラメ主演の映画「DUNE~砂の惑星」を見るため、ちょいと早めに起床。

昨日までの暑さがウソのような肌寒さは、大陸から寒冷前線が南下してからなんだそうだけど、いくらなんでも、2か月分の気温の変化に身体がついていくのはキツい。

そんなわけで、着脱可能なコンフォートジャケットを半袖Tシャツの上に羽織って外出。昼飯にちゃんぽんを食べたりして、汗をかいたので、このくらいの対応力がある服装で良かった。

映画に関していえば、原作も、スティング版も知っている世代ですが、今回は、ひさすらティモシー・シャラメと凄えCGを愉しむ映画でしたね。

作品の冒頭、タイトルにPART ONEと添えてあって、見終わった時の観客に対する最低限の良心だと思った。

www.youtube.com

ドラマを見終わった時の喪失感について

ちょいと苦戦しながら原稿を1本分書き上げ、担当さんに送信。夕餉の献立を若干変更しつつ、食材のストックを無駄に使わずに済ませる、賢い主夫っぷりを発揮。

晩飯後、録画しといた大河ドラマを見て、Netflixのドラマ『チェスナットマン』のep5を見たら、驚きの急展開で先が気になり、そのまま最終話となりep6まで一気に見終わってしまった。

本の頁をめくるように1話ずつ見て、じんわりと物語の世界に浸るのと、一気に見て世界観にハマっていくのは、瞬発的には後者の方が楽しめそうだけど、脳内再生して愉しむってことになると、前者のほうが楽しめるかな。

とりあえず、喪失感から逃れるため、Amazon Primeでアニメ「BLUE REFLECTION RAY/澪」の第11、12話を見た。ここが折り返し点みたいだけど、時間があったら一気に見てしまいそうで怖い。