言葉が出なくなってしまうほどの落胆、稀勢の里が遂に三連敗

左の骨盤の上あたりの違和感が抜けないので、今朝も念入りにストレッチ、そして、チューブトレーニング。散歩は諏訪野町方面へスーパーへ牛乳などを買いに行くついでに軽く。昨日は雨で一歩も外に出なかったから、もそっと歩きたかったけど、締切があるし、大相撲のテレビ中継を見守らないといけないから、この2週間はしょうがない。その代わり、ご飯は控えめにするつもり。

そんなわけで、昨晩の原稿を推敲したら、もう1本分仕上げ、まとめて納品。イレギュラー分は担当さんのOKが出たら、作業の余裕があるときに、続々と書いていかないといけない。

夕方、夕餉の支度をしながら大相撲九州場所のテレビ中継を観る。心配が当たり、稀勢の里北勝富士を相手に、またもや自分のカタチになれず、突き落としで土。初日から三連敗という屈辱に、稀勢の里は土俵に倒れたままぼう然していた。

見ているコチラもぼう然というか、言葉を失うほどの落胆。大相撲を観るのに、なんでここまで苦しまないといけないのだろう。それが、長年、稀勢の里を応援していたことの宿命なのか。テレビ中継のアナウンサーは明日からの休場も口にしていたけど、それはないと思う。

初日から3連敗した横綱が、4日目の土俵に上がるのは、88年秋場所大乃国以来、30年ぶりで、平成では初だそうな。初日から願掛けで酒を抜いているけど、逆に酒でも飲みながら気楽に観戦したほうが良い結果が出るのだろうか。いや、まだ、酒を口にする気持ちにはなれない。こうなったら、とことん稀勢の里と一緒に苦しんでやろう。

ショックのせいで、奥さまが帰宅しても、喋る気になれず、なにを怒っているんだと訝しがられてしまう。だって、なんも言葉が浮かんでこないんだもの……

www.nikkansports.com

心と身体のバランスが崩れてしまったのか? 稀勢の里が初日から連続で土

大相撲九州場所の初日。稀勢の里貴景勝にはたき込まれ、初日から土となった。腰高になってはいたものの、貴景勝の独特の間合いと、稀勢の里の左を封じた前さばきが素晴らしく、勝った貴景勝を褒めてあげたい一番だった。

そして二日目。またもや稀勢の里に左を刺させたくない妙義龍との攻防。腰高のうえに思ったような体制になれず焦ったのか、強引な小手投げを打ってしまい、寄り倒されて2日連続の土。初日からの連敗は稀勢の里にとっても珍しい。

初日はしょうがなかったと言い訳できるが、今日はどうにもならなかったと苦言を呈したくなる内容。ようやく思ったような稽古を積むことができたうえでの初日敗退で、心と体のバランスを崩してしまったのだろうか。精神的に脆いことは、むか〜しから分かっていること。でも、横綱まで上り詰めた今、それを克服しないで、その位置に居続けることに違和感を感じる。

ここまで厳しく思ってしまうほど、今日の内容は目を覆いたくなるものだった。先場所に続き、願掛けみたいに酒を抜いている。でも、こうなると、飲まないより飲んだほうが良いのか? みたいに思ってしまうけど、とりあえず、稀勢の里が初日を出すまで、酒は口にしないことに決めた。

作業は原稿を1本分仕上げて納品。晩飯後、さらに1本、イレギュラー分を1本書き上げ、推敲は明日の朝に。

かつてテレビで観たライブイベントの感動が蘇ってきた、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た

f:id:eroneko:20181111141348j:plain

1985年7月13日に行われたチャリティコンサート「LIVE AID」は、日本では『THE 地球CONCERT LIVE AID』と題して、フジテレビ系列で午後9時から7月14日正午まで放送された。

当時の衛星中継の技術は、ノイズや中断が入るのが普通のレベルで、ライブの途中で日本のスタジオで急遽フォローする、なんてことが何回もあった。あと、演奏の途中でCMが入ったり(それもサビの部分で盛り上がっているのにもかかわらず)、強引に日本のミュージシャンの演奏を流したり、ブーイングしたいことも、いろいろあった。

ただ、その頃、すごい勢いで売れていたU2からの、クイーン、デヴィッド・ボウイザ・フーなんて流れでライブを観られた、感涙モノのライブの感動は今も忘れない(後に観たビデオで記憶が補完されているかもだけど)。

そんなわけで、「LIVE AID」のパフォーマンスシーンがクライマックスとなる、クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』を奥さまとTジョイ久留米に自転車で観に行った。日曜日だからなのか、一番大きなスクリーン1での上映なうえに、T-LEX(まあ、IMAXのバッタモンみたいなもんです)の高画質、巨大スクリーン、大&高音質で観られるので期待が高まっていた。

いやー、良かったです。フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックさんの出っ歯を強調し過ぎ(義歯を使ってたらしいけど)なのが気になったけど、時を経るごとに各役者さんが、どんどん本人に見えてくる。ブライアン・メイ役のグウィリム・リーさんなんか生き写しだったな。

ボヘミアン・ラプソディ』誕生までの逸話、フレディのソロ活動によるバンド感の軋轢、そして、バイセクシュアルであることを自覚したあとのフレディの苦悶など、嗚呼、そうだったなぁ、なんて、小学6年生のときにクイーンを知って、10代から20代にかけてリアルタイムでクイーンを聴いていた頃の思い出が蘇ってきた。そうなんですよ、僕らはフレディを同じ時代を生きてたんですよね。

そして、クライマックスは「LIVE AID」のコンサート会場の映像と見事に合成した、20分に及ぶパフォーマンスシーンだ。始まる前、控室に漏れ聞こえてくる演奏がダイアー・ストレイツで、これって、実際の香盤表どおりなんで、細かい演出にニヤリとしたり。

好きな曲がいろいろと劇中で使われていなくて、チェッ、みたいなこともあったけど、134分の映画を最後まで一気に愉しめました。絶対、映画館で見るのが正解の映画だと思いますよ。できることなら、爆音上映でもう1回観てみたいなー。


映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

冬支度をいつヤレばいいのか問題について

昨年の今頃は朝晩が冷え込んできいて、ファンヒーター用に灯油を注文したり、実家へ行って、ホットカーペットなど暖房器具を出すのを手伝ったりしていた。

さて、今年でありますが、まだ寒くなる気配がない。来週、雨模様の日が続きそうなんで、少しずつ冷えていくのかもしれないけど、はてさて、本格的な冬へ向けての準備は、いつまでに済ませれば良いのでしょうか? 変に我慢して風邪ひいたら馬鹿みたいだし。実家へ行く日程も含め、天気予報をよく見て決めないとだな。

本日の作業は原稿を1本分仕上げて納品。明日以降の作業スケジュールの確認、そして、作業の準備。

明日から、大相撲九州場所が始まる。また、お酒を控えめにする時期になった。身体には良いことなんですけどね。

酒を飲みながら音楽を聴くという最高の空間を満喫、ピーター・バラカンさんの“出張DJ”に行ってきた

最近、腰に違和感があるので、念入りにストレッチして、チューブトレーニング。作業の合間に「ゆめマート」へ、リサイクルのペットボトルと牛乳パックを出しに行きつつ、原稿を1本分仕上げて納品。返す刀で来週分の発注リストが送られてくる。

作業を終えたら、身支度して、西鉄に乗って天神へ。UNIQLOでニット帽を購入して、ブラブラと赤坂方面へ歩き、この前から目をつけていた、立ち食い蕎麦兼立ち飲み屋「すじ一」へ。うどんのウエストの系列店と聞いていたけど、ウエストの居酒屋メニューとはまったく違い(あ、おでんは一緒かも)、品揃えはバラエティ豊か。

さすが蕎麦屋ってことで、揚げ物が充実していて、牛すじと紅生姜をうず高く持ったかき揚げにはビックリ。ツマミとしては有能なのだけど、とにかく食べづらい。あと、店名から分かるように、牛すじにこだわっていて、牛すじ煮込みも美味しかった。いろいろ飲んで食べて、満足したのに2千円以内で収まったので、なかなか良い感じ。

腹がふくれて、ほろ酔い加減になったら、本日のお愉しみ、ピーター・バラカンさんの「出張DJ」を観にリブラボへ。三度目の正直でやっと行くことができた。リブラボは六角さんのライブ以外で行くのは初めて。

今回の曲のリストはピーターさんが若き日に聴いた音楽で、1950年代後半のコースターズから始まって、チャック・ベリービートルズザ・フーと、懐かしい曲ばかり。面白かったのは、ピーターさんの友だちのお姉さんの彼氏がデビューするからって、レコードを買わされたのが、キンクスだったってエピソード。さすが、ロンドンっ子ですねえ。

ビールを飲みながら、ピーターさんのお話と音楽を聴いていると、なんだか、ロックバーのカウンターの端っこいるみたいな気分になって心地よかった。あと、ピーターさんと一緒に写真を撮る機会があったのに、一人でいったので、後ろに並んでいた、これまた一人で来てた男性に「撮りましょうか?」と声をかけて、ツーショット写真をお互いに撮りあったのだけど、その方がなんと4歳下の久留米在住の方でビックリ。

帰りの電車は一緒に乗って、短い時間だっけど、音楽や漫画の話なんかできて楽しかった。久留米に引っ越してきて、あんだけ趣味の話ができたのは初めてかも。ピーターさん主催のライブイベント「LIVE MAGIC vol.2」のTシャツにサインをしてもらえたし、大満足の一日だったなぁ。

f:id:eroneko:20181109185706j:plain

なかなか冷え込まない秋の空

昨年の今頃は灯油の注文をしなくちゃ、なーんて、奥さまが寒さに怯えていたのだけど、今日なんて寒いどころか、湿度を含んだムワッとした生暖かい空気。

雨が降る前ってだけでなく、気圧配置がまったく冬型になりそうにないのと、風向きが南側に戻っているからみたいで、来週くらいまで、冷え込むことはないみたい。

そんなこといっても、久留米市みたいな内地は、放射冷却で朝晩は冷え込むはずなんだけど、今シーズンはそれさえもなくて、朝から窓を開け放しても、寒がりの奥さまに気づかれない。

そんなわけで、外出するときも、Tシャツの上に薄手のパーカーやシャツで大丈夫。ラクチンでいいんですけど、そろそろ鍋の季節なので、ちょいと肩透かしっぽくもある。

本日の作業は原稿を2本分仕上げて納品。マルキョウへヨーグルトを買いに行ったら、パン類が特売で4割引きになっていたので、やで嬉しやと、リョーユーパンコーヒーサンドを購入。いつもの朝飯は、自家製の食パンだけど、たまに菓子パンを食べるもの愉しいんですよね。ボリュームがあるので、明日の朝、奥さまと半分こして食べますよ。

一日中、頭の中でグルングルン、映画『華氏119』を観た

f:id:eroneko:20181107085233j:plain

アメリカの上院と下院、州知事を決める中間選挙が行われているので、このタイミングを逃してはいけないと、Tジョイ久留米の朝イチの回でマイケル・ムーア監督の『華氏119』を観に行く。

チラシのコビーが煽り過ぎだったり、ナチスへの例えが冗長だったり、なにかと表現が過剰な気がしたけど、まぁ、映画ですからね、ってことで。

トランプ大統領がどうして誕生してしまったかっていう考察も面白かったけど、アメリカのラストベルト地帯(昔、鉄鋼業界で賑わった、今は錆びてしまったという意)の地獄みたいな治世、それに伴う、当時の大統領、オバマさんの愚かな言動、そして民主党の暗部、など、決して、アメリカで起こったいた事としてだけで見られない。

観終わったあと、一日中、いろんな人物の言動、いろんな地域の惨状が頭の中でグルングルンと回っていて、帰宅後の作業がちょいと遅れてしまった。

夕方には選挙の結果が出て、下院は民主党過半数を取り、今回は各評論家の予想通りになった。でも、だからって、まだ、トランプさんの暴走は止まらないんだろうなぁ。


華氏119 - 映画予告編