透明感なんて使い古された褒め言葉を敢えて使いたくなる女優

昨日放送のラジオ番組「伊集院光とらじおと」のゲストに出てた、若手女優の森七菜さんの喋りを聴いて、デビュー4年目の19歳の女性というのは、こんなにキラキラした言葉を放つのかと感心した。

そして今日、一日遅れで森七菜さん主演のドラマ「この恋あたためますか」をTVerで見た。ボサッとした、うだつの上がらない、元地下アイドルの21歳の女性を演じているのだけど、ラジオで伊集院さんが感じたように、表情豊かで引き込まれる。

嫉妬、劣等感、そして、わずかな希望。主人公の井上樹木の多層な性格を1話にして見せつける演技力に驚いた。そして、ボサッとしている中に隠せない透明感。

使い古された女性の褒め言葉だけど、透明感という美少女の伝家の宝刀がチラと見えただけで心奪われる。それも、ブッサイクな演技をしてる隙間に見せたりするものだから、女って恐い。

話題作の「恋はつづ」みたいに、イケメンによって普通の女の子が覚醒する物語かもしれないけど、森七菜さんだったら、それ以上に女性の力と怖さを見せてくれるかもしれない。

あと、昨日観た映画「タロウのバカ」にも出てた仲野大賀さんも出てて、演技の幅の広さに驚かされる。僕の脳内の仲野さん情報が混乱しちゃうくらい。

www.youtube.com